カードローンの必要書類ってなに?

 

カードローンの必要書類

カードローンの必要書類についてです。必要書類はいくつかあり、まずひとつめは本人確認の書類です。

本人確認の為に必要なものは一番間違いないものは「運転免許証」です。顔写真も入っていますし、国の公の証明書として認められているものなのでどこに出しても大丈夫です。

次に本人確認の書類として出せるものは健康保険証です。顔写真はないもののこちらも国の公の証明書として認められているものなので大丈夫です。その他に本人確認として提出できるものとしてパスポートも有効です。

写真もありますし、国の公の証明書としても大丈夫ですが、持っている人はそんなに多くないのではないでしょうか。

次の必要書類は収入証明の書類です。

働いている人ならば会社や勤め先、バイト先から給与明細をもらうと思います。この給与明細を保管しておけば大丈夫です。名前も収入額も載っています。直近三ヶ月くらいの給与明細を持っておけば安心です。そして給与明細以外では、源泉徴収票も有効です。

みなさんが必須の書類と、条件によって必要な書類があります

まず、カードローンを申し込む方すべてが必要となる書類は、本人確認ができる書類です。本人の顔写真が付いているものが望ましいので、一般的には運転免許証を使用する場合が多いようです。

もし、運転免許証を持っていない場合は、パスポートがよいでしょう。最近では個人番号カードが使用できることもあります。

顔写真がついた、上記のいずれの身分証も持っていない場合は、健康保険証などを使用することになりますが、この場合ひとつの書類では十分でないと判断されることがあり、もう一点住民票などを合わせて提出してほしいといわれることがあります。

また、身分証に記載された住所が現住所と異なる場合は、例えば、公共料金の領収証などで確認をとることがあります。

そして、外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が合わせて必要となります。ここまでが、本人確認書類の説明となります。

次は、申し込みたい金額によって必要な書類です。多くの会社で、借入希望金額が50万円を超えたり、他社からの借入を含めると100万円を越える場合、収入証明書類の提出が必要となります。例えば、源泉徴収票や直近の給与支給明細書などです。

それぞれの会社で、書類についての規定が異なっている場合もありますので、お出掛けの前に念のためホームページなどで確認しておくとスムーズに申し込みができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。