カードローンの基本的な審査の流れとは?

 

カードローンの審査の流れ

カードローンの審査の流れは大まかに二つの審査があります。

まず一つめの審査が初期審査です。この初期審査では電話やインターネットから申し込んだ最初の個人情報に基づいて審査します。本人確認の書類、住所、電話番号等の基本的な情報の他に借り入れが可能な収入や仕事をしているか簡単な審査です。

ほとんどのカードローン会社の初期審査は一時間もあれば結果は出ます。最近は即日融資可能と謳うカードローン会社も増えていき会社としても契約はしたいものですから借りやすくなっているという流れは確実にきていると思います。

そして初期審査が終われば次は本審査になります。この本審査は実際に細かく収入を分析してこの人はいくらまで借り入れが可能か?と見ます。

そしてここで重要なのが借り入れを既にしていないかということです。借り入れをしていたらもちろんその会社でも認識しておかないと借り入れ総額の法律で決められているものがありますから(総量規制)審査においても本審査はとても慎重に行われます。この本審査が通れば無事借り入れ可能となります。

カードローンの審査に対する注意点

カードローンでお金を借りる為に、必ず審査というものがあります。

いわゆる審査通過出来ない限り、お金を借りる事が出来ないのです。では、どういった流れでおこなわれ注意点も含めて説明します。

お金を借りるにあたっての審査は、主に借り手の返済能力があるかないかを調べる事がメインとなっています。

その人が毎月一定の収入があり、他社の借入や延滞などないか確認し問題がなければ審査通過の流れになっています。

まず大事なのは申し込み書の記入です。
ここである程度の点数を稼がなければならないので、嘘偽りなく正直に記入しましょう。

その申し込み書により、コンピューターでその人の属性が診断され、申し込んだ会社の規定点数に満たしてない場合は、そこで審査否決となってしまいます。

点数を満たしている場合は、個人情報、在籍確認などがおこなわれ、特に問題ない場合に審査通過の連絡がきます。

必ずしも希望の金額が借りれるとは限りませんが、きちんと返済していくと、増枠申請が可能になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。