専業主婦がカードローンを申し込むとき

 

専業主婦のキャッシングの申し込み先

専業主婦の方が、急にお金が必要となったとき、お持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使用することも考えられますが、利息が高い場合があります。

また、本人にご自身に安定した収入がない専業主婦の場合、総量規制と言って、借り入れの金額は収入の3分の1までという制限が出来て以来、消費者金融でキャッシングの申し込みをすることが難しいのが現状です。

ですが、銀行のカードローンならいくつかの金融機関で契約することが可能な場合があります。その場合、ご主人の会社に在籍確認が入ることはありませんので、ご安心ください。

カードローンは、担保や保証人も不要ですので、だれにも知られることなくキャッシングをすることが可能です。申し込みは、多くの場合ネットから行うことが可能です。

その銀行に普通預金の口座を開設済みですと、本人か確認書類の提出も省略できることもあります。収入がないからと最初からあきらめず、各金融機関に相談してみましょう。

銀行カードローンでは配偶者の個人信用情報は開示されない!

専業主婦がキャッシング契約を行う場合、銀行カードローンやフリーローンを選択することが多くなります。銀行カードローンの多くは、専業主婦に対する貸付を行っており、配偶者に安定した収入があれば契約が可能です。

その際、心配になるのが配偶者の個人信用情報です。例えば、クレジットカードの支払遅延があった場合、自分自身のことであれば、審査結果に不利な条件を与えてしまいます。

しかし、配偶者に事故情報があったとしても契約を行う際、契約申込者以外の個人信用情報を照会することは出来ません。つまり、旦那さんに事故情報があったとしても、自分自身に影響は無いということになります。

個人信用情報の照会については、同意が必要となっており、勝手に照会をすることが出来ないため、安心して申し込みが可能です。

ただし、注意するポイントもあり、配偶者が同一の銀行や保証会社に於いて金融事故を発生させていた場合、個人信用情報の照会をせずとも事故情報が審査に影響してしまいます。

この場合、銀行や保証会社が独自管理しているデータベースから情報を照会することとなるため、リスクを避けたい場合は契約実績の無い銀行や保証会社を利用するのが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。