カードローンの必要書類

カードローンの必要書類についてです。必要書類はいくつかあり、まずひとつめは本人確認の書類です。

本人確認の為に必要なものは一番間違いないものは「運転免許証」です。顔写真も入っていますし、国の公の証明書として認められているものなのでどこに出しても大丈夫です。

次に本人確認の書類として出せるものは健康保険証です。顔写真はないもののこちらも国の公の証明書として認められているものなので大丈夫です。その他に本人確認として提出できるものとしてパスポートも有効です。

写真もありますし、国の公の証明書としても大丈夫ですが、持っている人はそんなに多くないのではないでしょうか。

次の必要書類は収入証明の書類です。

働いている人ならば会社や勤め先、バイト先から給与明細をもらうと思います。この給与明細を保管しておけば大丈夫です。名前も収入額も載っています。直近三ヶ月くらいの給与明細を持っておけば安心です。そして給与明細以外では、源泉徴収票も有効です。

みなさんが必須の書類と、条件によって必要な書類があります

まず、カードローンを申し込む方すべてが必要となる書類は、本人確認ができる書類です。本人の顔写真が付いているものが望ましいので、一般的には運転免許証を使用する場合が多いようです。

もし、運転免許証を持っていない場合は、パスポートがよいでしょう。最近では個人番号カードが使用できることもあります。

顔写真がついた、上記のいずれの身分証も持っていない場合は、健康保険証などを使用することになりますが、この場合ひとつの書類では十分でないと判断されることがあり、もう一点住民票などを合わせて提出してほしいといわれることがあります。

また、身分証に記載された住所が現住所と異なる場合は、例えば、公共料金の領収証などで確認をとることがあります。

そして、外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が合わせて必要となります。ここまでが、本人確認書類の説明となります。

次は、申し込みたい金額によって必要な書類です。多くの会社で、借入希望金額が50万円を超えたり、他社からの借入を含めると100万円を越える場合、収入証明書類の提出が必要となります。例えば、源泉徴収票や直近の給与支給明細書などです。

それぞれの会社で、書類についての規定が異なっている場合もありますので、お出掛けの前に念のためホームページなどで確認しておくとスムーズに申し込みができるでしょう。

カードローンの審査の流れ

カードローンの審査の流れは大まかに二つの審査があります。

まず一つめの審査が初期審査です。この初期審査では電話やインターネットから申し込んだ最初の個人情報に基づいて審査します。本人確認の書類、住所、電話番号等の基本的な情報の他に借り入れが可能な収入や仕事をしているか簡単な審査です。

ほとんどのカードローン会社の初期審査は一時間もあれば結果は出ます。最近は即日融資可能と謳うカードローン会社も増えていき会社としても契約はしたいものですから借りやすくなっているという流れは確実にきていると思います。

そして初期審査が終われば次は本審査になります。この本審査は実際に細かく収入を分析してこの人はいくらまで借り入れが可能か?と見ます。

そしてここで重要なのが借り入れを既にしていないかということです。借り入れをしていたらもちろんその会社でも認識しておかないと借り入れ総額の法律で決められているものがありますから(総量規制)審査においても本審査はとても慎重に行われます。この本審査が通れば無事借り入れ可能となります。

カードローンの審査に対する注意点

カードローンでお金を借りる為に、必ず審査というものがあります。

いわゆる審査通過出来ない限り、お金を借りる事が出来ないのです。では、どういった流れでおこなわれ注意点も含めて説明します。

お金を借りるにあたっての審査は、主に借り手の返済能力があるかないかを調べる事がメインとなっています。

その人が毎月一定の収入があり、他社の借入や延滞などないか確認し問題がなければ審査通過の流れになっています。

まず大事なのは申し込み書の記入です。
ここである程度の点数を稼がなければならないので、嘘偽りなく正直に記入しましょう。

その申し込み書により、コンピューターでその人の属性が診断され、申し込んだ会社の規定点数に満たしてない場合は、そこで審査否決となってしまいます。

点数を満たしている場合は、個人情報、在籍確認などがおこなわれ、特に問題ない場合に審査通過の連絡がきます。

必ずしも希望の金額が借りれるとは限りませんが、きちんと返済していくと、増枠申請が可能になってきます。

専業主婦のキャッシングの申し込み先

専業主婦の方が、急にお金が必要となったとき、お持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使用することも考えられますが、利息が高い場合があります。

また、本人にご自身に安定した収入がない専業主婦の場合、総量規制と言って、借り入れの金額は収入の3分の1までという制限が出来て以来、消費者金融でキャッシングの申し込みをすることが難しいのが現状です。

ですが、銀行のカードローンならいくつかの金融機関で契約することが可能な場合があります。その場合、ご主人の会社に在籍確認が入ることはありませんので、ご安心ください。

カードローンは、担保や保証人も不要ですので、だれにも知られることなくキャッシングをすることが可能です。申し込みは、多くの場合ネットから行うことが可能です。

その銀行に普通預金の口座を開設済みですと、本人か確認書類の提出も省略できることもあります。収入がないからと最初からあきらめず、各金融機関に相談してみましょう。

銀行カードローンでは配偶者の個人信用情報は開示されない!

専業主婦がキャッシング契約を行う場合、銀行カードローンやフリーローンを選択することが多くなります。銀行カードローンの多くは、専業主婦に対する貸付を行っており、配偶者に安定した収入があれば契約が可能です。

その際、心配になるのが配偶者の個人信用情報です。例えば、クレジットカードの支払遅延があった場合、自分自身のことであれば、審査結果に不利な条件を与えてしまいます。

しかし、配偶者に事故情報があったとしても契約を行う際、契約申込者以外の個人信用情報を照会することは出来ません。つまり、旦那さんに事故情報があったとしても、自分自身に影響は無いということになります。

個人信用情報の照会については、同意が必要となっており、勝手に照会をすることが出来ないため、安心して申し込みが可能です。

ただし、注意するポイントもあり、配偶者が同一の銀行や保証会社に於いて金融事故を発生させていた場合、個人信用情報の照会をせずとも事故情報が審査に影響してしまいます。

この場合、銀行や保証会社が独自管理しているデータベースから情報を照会することとなるため、リスクを避けたい場合は契約実績の無い銀行や保証会社を利用するのが重要になります。

即日キャッシングでピンチを乗り越えよう

初めて即日キャッシングを利用してお金の融資を考える場合は、どのような流れで利用するとよいのか、分からない場合もあるのではないでしょうか。

申し込み方法はインターネットを利用したり、電話で申し込んだり、無人契約機を利用したり、好きな方を選んで利用することが可能です。キャッシングは自分のライフスタイルや価値観に合わせた利用ができるので、毎日の生活の中で役立てることができるでしょう。

それぞれの申し込み方法のメリットを見ると、インターネットを活用すると、24時間いつでも申し込みができるので、スピーディーな利用が可能になっています。またパソコンやスマートフォンの操作などが苦手な場合は、電話や無人契約機を利用すると良いでしょう。

無人契約機の場合は、カードの発行を、その場で行えるので、申し込んだその日からキャッシングをフル活用することが可能です。

また申し込み行う際には必要な書類などもあるので、しっかりと準備した上で申し込みを行うようにしましょう。また年齢等条件を満たしている必要もあります。

キャッシングを利用したい場合は基本的に成人を迎えている必要があるので注意しましょう。現在では非常にスピーディーな利用が可能なので上手に活用してみましょう。

即日キャッシング限度額について

即日キャッシングを利用して融資を受ける場合、どのくらいの金額まで借り入れ出来るのか気になる方も多いのではないでしょうか。融資を受ける事が出来る金額は契約者の審査によって違いがあります。

審査における収入は大きな判断材料になりますが、安定した生活が出来ているのかも重要な要素になります。キャッシングを利用するという事は、返済能力が備わっているのかが大切になるので、これらの事が重要視されるのです。

審査をして融資額が決まり、その範囲の利用をいつでも可能になるので、お金に困った場合は活用する事が出来るでしょう。このようなキャッシングですが、契約を行う前に十分に検討を行う必要がありますが、特に金利は返済する上で重要な部分になるので、十分に比較して検討するようにしましょう。キャッシングの利用は返済出来る事が第一条件ですが、計画的な返済を考えて利用する事が重要です。

返済が長くなるほど、返済する金額も多くなるので、なるべく返済を優先出来るように考えて利用するようにしましょう。

融資額がどうしても足りない場合は、消費者金融に相談してみる事をお勧めします。一時的な増額が可能なので、どうしても必要な場合は、そのようなサービスを利用してみましょう。